きれいな部屋は自分に自信をつけてくれる

毎日自分を迎えてくれる部屋

f:id:chihirolifememo:20170721235358j:plain

なんかすっきりしない気持ちで帰宅しても、部屋が片付いているとなんだか気分がいい。
ほっとする、のではない。なんだろう…
ちょっと誇らしい気持ちになるというか。

 

こんなきれいな部屋に住んでるんだぜ自分! …みたいな。

今日、ちょっとパッとしない気分で帰宅して、部屋に入ってふとそんなことを思ったんです。
仕事も人付き合いも日々の雑事も、なんでも完璧にはできないけれどなかなかやるやん、できてることだってあるやん、って。

掃除は日によってできてたりできてなかったりはするけれど、平均するとまあまあきれい。

マメなほうではまったくありません。
むしろ逆でズボラー。超絶面倒くさがり。
なのになんで部屋がいつもまあまあきれいなのかというと、モノがそんなに多くないというのが大きい。
昨年の引っ越しのときにだいぶモノ減らしたからな。

でも不思議なもので、少しずつモノは増殖しています…。
それでもなるべく床面積は広く保っておきたい。
床にモノが少ないほうが掃除しようっていう気になるから。

自信って、何なんでしょうね。
自信があるとかないとか、もっと自分に自信を持てとか言うけれど。

自信って、大半は人からつけてもらうものじゃないかと思っています。
人との関係のなかで毎日過ごしているので。
逆に人から奪われることもある。

でも、ちょっとの部分なら、自分で自信をつけることができるとも思っていて。
たとえば部屋を整えておくとか、身ぎれいにしておくとか。
最低限これはやってるという何か。

その「ちょっと」の部分でもできることをやれたらいいなと思う。