日々、旅、あそび。

ふだんの暮らしのアイデアメモ。持ち物、食生活、服、読書などのライフログです。

中まで塩味! 味付きゆで卵の作り方

中まで塩味がしみたゆで卵

ゆで卵

セブンイレブンのゆでたまごが好きです。自分で作ったお弁当が地味であと一品何かほしいときにときどき買っています。
中まで味が付いていておいしい。

これを完全にではないですが、再現してみました。

 

まずゆで卵を作ります。ゆで加減はお好みで。
もしお弁当に入れる場合は固ゆでにしてください。
ゆでて冷ましたら、殻はむいておきます。

ビニール袋に水150ccと、塩小さじ1を入れます。
そこへゆで卵を入れ、口を輪ゴムでとめてひと晩おきます。

念のため袋は二重にしてます。やぶれたりがとくに心配ではないという方は二重にしなくても大丈夫です。

ゆで卵

この分量でゆで卵1〜2個を浸けています。

袋から取り出してできあがり。

ゆで卵

中まで塩味が付いていておいしい!

コンビニのように殻付きの状態で味付きではないですが。
あとからクックパッド見てみたら、殻付きで味付きゆで卵を作る方法もあるみたいですね。興味のある方は調べてみてください〜。

殻付きでなんで中まで味が付くのか不思議ですよね。浸透圧の関係で殻を通して塩分だけ中に染み込むのだとか……(詳しい原理はよくわかりません…)。

これを作ってても、やっぱりコンビニで買っちゃうときもあります。
無性にコンビニのゆで卵が食べたい気分のときがあるのです。

今日はおうちで味付きゆで卵にしようかな、ってときにぜひどうぞ。