読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

日々、旅、あそび。

シンプルライフのアイデアメモ。持ち物、食生活、服、読書、暮らしにまつわるライフログです。

ブログを書くハードルが上がってしまっている理由。

スポンサードリンク

ブログを書く気がのらないとき。

ノートパソコン

なんだか最近ブログを書くハードルを自分で上げてしまってます。
書きたいネタはあるんですが、手が追いつかない、気がのらない…。
なんで書くハードルが上がってしまっているのか考えてみました。


きちんと書こうとしすぎている

ちゃんとしたものを書こうとするあまり、手がなかなか進まなくなっています。
もっと文章量ふやさないと…わかりやすく、役に立つものを書かないと…と意識しすぎになってきてます。

でもそこは人それぞれでいいのでは…と思っても

人それぞれでいいんだから、そんなに意識しすぎなくても…と思いつつも、やっぱりちゃんと書かないと…という思いも浮かんできます。
そこはもう、自分なりの書き方で書けばいいんですけどね。
なんかふとしたときに思い浮かんでしまう。

ちゃんと書こうとするあまり、時間がかかる

構成がヘンじゃないかとか、わかりやすくなっているかとか、あんまり考えてるとやたら時間がかかります。
わかりやすさも大事ですが、時間がかかるあまり更新がおっくうになるなら、もっと気楽に書いたほうがいいです。

書くネタのハードルが上がっている。

この程度のことを書くのってどうなんだろう…と思ってしまうときがあります。
ささいなことすぎるかな、しょーもないかな…とか思ってしまったり。

でもまぁ、しょーもないならしょーもないでいいか。



疲れているときは、時間の捻出どうこうより、書く気力がわかない

書く気力がないときは書かないに限ります。
そこでムリに書こうとすると辛くなってきます。

なぜムリに書こうとしていたかというと…書くことを義務化してしまっていたからだと気がつきました。

ブログを書くことを義務化してしまっている。

これがいちばん大きいんじゃなかなーと思います。
楽しくブログをやろうと思って始めたのに、いつのまにか「あ〜全然更新できてないな。書かないと…」と義務のようになってしまい、そうなると書くのがしんどいです。

ブログに限りませんが、義務になったとたん楽しくなくなってしまうのはなんででしょうね。

ゆるくブログを続けたい。

せっかくブログ書いているのに、楽しくなくなったら本末転倒です。
考えたことや経験を書ける場があるというのは嬉しいこと。
こうでなければならない、という形にとらわれず、自分なりにゆるくブログを続けていきたいです。

…とここまで書いて字数を見たら963文字も書いてる。
がんばって書こうとしてないときのほうがかえって書けるもんですね。
そうこう書いているうちに1000文字超えた。