日々、旅、あそび。

ふだんの暮らしのアイデアメモ。持ち物、食生活、服、読書などのライフログです。

私がブログを書く理由

こんな人だと知ってもらうため。

コーヒー

自分がやりたいことを、恥ずかしがらずに「やりたい」と言えるようになりたいです。
自分はこう考えている、こう考えて行動してきた、こんなふうに思った、ということを恥ずかしがらずに言えるようになりたいです。

これらのことを「恥ずかしい」と思わずに言えるかどうかって……人によるんだろうなきっと。
恥ずかしい、と思う気持ち自体は別にわるいものではないんです。
でも私の場合はそれが極端だと思ってて。

恥ずかしくなく自分のいろんなことを言えるようになりたいです。
だからブログを書いています。

 

これを人に話す日がくるとは…

これはずっと自分の心の中にしまっておこう……と思っていたことがらがありました。
ありました、と過去形なのは、ひょんなきっかけで言ってしまったからです。

それが何かと言いますと、
私はいまグラフィックデザイナー10年目なんですが、この職業につく前から「将来は独立して仕事したい」って思ってこの仕事についた、ということです。


…別に隠すほどのことでもないやんと思う方も多いかもしれませんが。


これ…わざわざ人に言うことではないと思っていたし、そんな話題になることもなかったし、それになんか恥ずかしいしで、一生自分の心の内だけにとどめて生きていくのだと思っていました。言っても「そんな自分語りされても…」って思われるんじゃないかなとも思ってたし。

それがですね…ある日たまたま「この先独立したい?」という話題になって、なんか言わざるをえない感じだったので(詳しい状況は省きますが)ぽろっと言ってしまったんですね。
…会社で。

あぁ。言ってしまったよ。チーン。って感じだったんですが私は。

イラスト 脱力
だけど周りの人の反応はそんなに悪くなく。
「そういうことはもっと言ったほうがいいと思う」とも言われて。

あぁ…そうなのか…そういうもんなの…?(遠い目) とフクザツな心境。


だって…そんなん言うの恥ずかしいじゃないですか。(恥ずかしい恥ずかしいって…こいつめんどくせって思われているかもしれませんが。まぁ聞いてください)

デザイナーって独立する人がわりと(?)多い職業だと思いますが、みんながみんなそう思っているわけではなく、そうじゃない人もたくさんいます。
ずっとこの仕事を続けていきたいという人もいればそうじゃない人もいますし。まぁこれはどんなお仕事でもそうですよね。
そんななかでひとりアツくなってるって……あぁ自分恥ずかしい。こんな自分を見せたくない。みたいな。

だいたい、独立したいとか言ってるけどコイツたいした実力もないのによぅそんなこと言っとるわ。とか思われたり言われたりするのヤじゃないですか。
…なんかもう完全に腰が引けてる人って感じだよな…って自分で書いてて思います。

まわりの人にも言ってしまったしブログのネタにもしてしまったし、心の中にとどめておく予定だったこのことはこうしてあっというまに秘密でもなんでもなくなりましたね…。

「恥ずかしい」気持ちはどこからくるのか?

「人とちがう」ことに恐れがあるんだと思います。
自分のことなのに「思います」なんて書くのは、ふだん「恥ずかしい」と感じている瞬間に、なにかを恐れている、こわい、と感じている自覚があんまりないからです。
でもあらためて考えてみると、そうだよなぁと思うんです。
まわりから浮いて何か言われたりたたかれたりするのがいや。
だから目立たないようにしておこう…という思考。

人と何かちがっているのって誰でもそうなんですけどね。
「普通は」とか「普通の人は」なんて言っても、みんなどこかが変わっていて、普通の人なんていない。

ブログは、自分のなかにあるものを外に出す手段のひとつ。

なんかいろいろぐだぐだ書いてしまいましたが…

こんな自分を見せるのが恥ずかしい。とは言っても、見せなければ「こんなこと考えてるんだ」「こんなひとなんだ」と知ってもらうこともできないわけで。

初めて名刺デザインのお仕事を個人で受けたときって、身近な人に「名刺作ってみません?」って聞いてみたら「あ、ほしい〜!」って感じでたのまれて(実際はもうちょっとちゃんとしたやりとりです)、そこからいろんなお仕事がスタートしました。
その名刺を見た別の方から「私もつくってほしい」って言われたり。

考えていることを何らかの形で外に出すことって大事だよなぁと思います。

(最近個人でデザインのお仕事あんまりやってなかったけど…これ書いていたらまたやりたくなってきた)

外に出す方法はさまざまで、話すことだったり、書くことだったり、なにか作ったものだったり、人によっては音楽かもしれないし、踊りかもしれないし。

自分がやりやすい方法で、考えていることを公にすることをしていこうと。
これを続ければ、恥ずかしい気持ちが、なくなりはしないかもしないけど慣れはするだろう、と思っています。
自分のなかにあるものを外に出す方法のひとつとして、私はブログを書いています。

 

保存