日々、旅、あそび。

ふだんの暮らしのアイデアメモ。持ち物、食生活、服、読書などのライフログです。

2018年はライフログ用に「EDiT」の1日1ページ手帳を使うことにしました

EDiT 1日1ページ 分冊リフィル

2018年の手帳は何を使おうかしばらく悩んでいましたが、やっと決めました。
ライフログ用に選んだのは「EDiT」の1日1ページ手帳。
サイズはB6サイズ。
半年ずつ分かれている、分冊リフィルを買いました。

2017年までの手帳は、ほぼ日手帳

ほぼ日手帳 ミナペルホネン カバー
今年までは、11年ほぼ日手帳オリジナルを使ってきました。
ずいぶん長いこと使ってるなぁ……。ほぼ日手帳、好きなんです。

文庫本サイズのほぼ日手帳オリジナルは、その日のできごとの記録や、食べたものの記録、思いつきメモやスクラップに使ってきました。
だけど今年はなんか途切れがちだったんです。
年の途中から、その日にどう時間を使ったかの記録にB6サイズのバーチカルタイプの手帳を使い始めたことが大きい。

ユナイテッドビーズ B6バーチカル手帳

ユナイテッドビーズ B6バーチカル手帳

これが使い心地良くって、いつのまにかこっちばっかり使っていました。
書かなきゃ! とか思うことなく自然に書けているので、これが合っているんだと思います。
ちなみにこれとは別にスケジュールは「ほぼ日weeks」に書いています。


EDiT(エディット)の1日1ページ 分冊リフィルを選んだ理由

バーチカル手帳にその日のログをつけているんですが、そんなにたくさんは書けません。

ユナイテッドビーズ B6バーチカル手帳

これよりもうちょっと細かく書きたいときもあるんです。
たとえばこの日は仕事でどんなことしたとか。
今も簡単には書いているんですが、ほんとにメモ程度でしかない。
今日行ったカフェで何をしたとか、おいしかったものとか。
そのときどう思ったとか。
もうちょっと記入スペースがほしいなと思ったんです。

EDiTの1日1ページならページの左端に、縦に時間軸がついてるのでこれを選びました。
持ち運びをしたいので、しかもなるべく軽いのがいいので、分冊リフィルにしました。

なぜほぼ日手帳にしなかったのか?

ほぼ日手帳にも時間軸はついているし、1日1ページの手帳です。
なぜほぼ日にしなかったのかというと、理由はいくつかありまして。

文庫本サイズだと小さく感じるようになってきた

文庫本サイズはコンパクトでいいですが、やっぱりもう少しのびのび書きたい。
方眼の幅がいつも使っている手帳とちがうので、そこにも違和感を感じてしまう。
B6サイズに慣れてしまっているのもあります。

ほぼ日手帳 カズンはどうか?

のびのび書きたいなら、A5サイズのほぼ日手帳カズンはどうだろうとも考えました。
だけどA5サイズだとスペースが広くて余らせてしまいそうな気がしたんです。
持ち運びするのに重たいのも気になりました。
持ち運び、したいんですよ。
カバンの中に入れておいて、電車のなかでささっとつけたい。
カフェとかにも持っていきたい。
カズンにも半年ごとの分冊がありますが、それでもやっぱり重みを感じます。
お店で手に取って見ながら、使いこなせたら楽しそうだなぁとは思ったんですが、今年は見送ることにしました。

ほぼ日手帳にもいつかB6サイズが出ないかな?

来年はスケジュール用にはほぼ日weeksを使うつもりなので、ほぼ日さんには引き続きお世話になります。
ほぼ日手帳がキライになったわけではないですよ!

EDiT 1日1ページ こんな手帳です

外観

EDiT 1日1ページ 分冊リフィル

おちついた上品な色味。
厚さは1冊あたり1cmです。

EDiT 1日1ページ 分冊リフィル

綺麗な色だしこのままで使ってもいいんですが、カバーをつけたいと思っています。
別売りのカバーがあるみたいなので、それを買うか、もしかしたら自分で作るかもしれません。

年間カレンダー

EDiT 1日1ページ 分冊リフィル 中身

 3年分のカレンダーが載っています。

年間ページ

EDiT 1日1ページ 分冊リフィル 中身

今年の目標や計画を書けるページ

EDiT 1日1ページ 分冊リフィル 中身
それぞれの月のイベントも書けます。

月間ページ

EDiT 1日1ページ 分冊リフィル 中身
新月、満月の日もわかります。

EDiT 1日1ページ 分冊リフィル 中身

1日ページ

EDiT 1日1ページ 分冊リフィル 中身

時間軸は6時からになっていますが、それより前の2時間は「・」になっており、午前4時から記入できます。

EDiT 1日1ページ 分冊リフィル 中身

EDiT 1日1ページ 分冊リフィル 中身

27時まで記入できます。
夜型の私にはぴったりだ……!

下のほうにチェックリストもついています。

月の初めにはこんなページも。

EDiT 1日1ページ 分冊リフィル 中身
左ページはその月の計画や目標、買い物の予定、右ページは記録しておきたいことを5つ自由に書ける欄になっています。

しおりは2本付き。

EDiT 1日1ページ 分冊リフィル 中身 しおり

2冊のどちらにも、月間ページ1年分と年間ページがあります

月間ページは半年ずつになっているのかな? と思ったら、どちらにも2017年10月〜2019年1月分がついていて、便利に使えそうだなと思いました。
年間カレンダー、年間スケジュール、今年の目標ページもどちらにもついています。

使うのが楽しみ!

使うのが待ち遠しいです。
カバーも選ぶか作るかするのが楽しみです。
もし作るならこんな感じの柄がいいかな〜と思い浮かべているのがあるんですが、面倒くさくなったら市販のを買います。
もし買う場合でも、いい感じの色のカバーがあるので選ぶのが楽しみ。

新しく来年の手帳を買ったときの、このワクワク感が好きです。