日々、旅、あそび。

ふだんの暮らしのアイデアメモ。持ち物、食生活、服、読書などのライフログです。

ときどき使う風呂敷

旅行などのとき服を包むのに使っています

風呂敷

風呂敷を2枚持っています。
頻繁に使うわけではないですが、ときどき使うもので、必ず使うもの。

薄くてかさばらないし、衣類などの荷物をまとめるのにとても便利です。

 

スーパー銭湯へ行くときに

風呂敷に着替えを包んで持っていきます。

着ていった服や濡れたタオルなどは、ビニール袋に入れて持って帰ってきます。
風呂敷はたたんで持って帰ります。
あ、風呂敷に着ていった服を包んで持ち帰ってもいいですね。今思いついた。

年末年始やお盆、実家に帰るときに

実家に帰るといっても近場ですが。

実家には寝間着をおいてあります。
部屋着も少し。

その分荷物は少なくてすみますが、それでもこまごまと持っていくものはあります。

冬場のかさばる衣類は、風呂敷にきつく包んできつめに結べば多少はかさが小さくなります。

旅行のときに

風呂敷

衣類のほかにタオルなどを包むのにも使います。

服を包むのに風呂敷を使うのは子どもの頃からです。
林間学校や修学旅行などで荷造りするときに母親から風呂敷を渡されていたのですが、実はこれがけっこうイヤでした^^;

まわりの子はみんなジッパー付きの袋やメッシュケースに入れているのに自分だけが風呂敷というのが恥ずかしくて仕方ありませんでした。
しかも柄もダサかった!
(当時はダサいと思っていたけど今見ると案外おしゃれかも…? もうどんな柄かはっきり覚えていませんが。)
それにメッシュケースとかのほうがなんかかっこいいと思っていたのです。

大人になってからは、風呂敷の良さがわかってきた…と書きたいところですが、なんかあんまりこだわりがなくなってきたと言ったほうがいいのかも。
まぁどっちでもええやん、みたいな。

なので、ある時あっさり別の袋に乗り換えるかもしれません。他の何かと併用するかもしれないし。

…とか言いつつ、ずっと風呂敷使ってるかもしれません。