読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

日々、旅、あそび。

暮らしのアイデアメモ。持ち物、食生活、服、読書などのライフログです。

ひとりごとが出てこない

スポンサードリンク

頭のなかでは絶え間なく何か考えているけれど

f:id:chihirolifememo:20170319225358j:plain
私はひとりごとをほとんど言いません。
ひとり暮らしが長くなると、よくひとりごとを言うようになるかどうか…という話を友人としていたのですが私は全然そんなことなくて。
人によるんだと思います。

なぜ自分はひとりごとを言わないのかを考えてみました。

 

言わないようにしているのではない

ひとりごとを言わないようにしよう! と思ってそうしているのではなく、自然と出てこないんです。

なので、よくひとりごとを言う人は私からしたらなんであんなに言うのか不思議です。
あ、これは決して批判ではなく、自分にはない性質なのでへ〜〜、すごいな、面白いな、という感じです。


たまーに言うことはある

例えば何かにすごくびっくりしたとき。
「うーーわ」とか「ひょえー」「え〜〜!?」とか。
…これってひとりごとに含むんかな。

↓ このときとか。

あるいは、すごく面白いとき。
送られてきたメールがめっちゃ面白くて思わずひとりでちっさくツッコミを入れてしまったり、ひとりで笑ってたり。(なんて書くとちょっとアブない人みたいですが)

もしかしてひとりごとをよく言う人は、こういう「心が動くこと」が多いのか?
(え…じゃあ私はそういうの少ないってことか…? 心、動いてると思うんだけどな…)

しゃべったときは誰かに反応してほしい。

私の場合、しゃべって誰にも何も言ってもらえないのがさみしいと思ってしまいます。
なのでひとりごとをあんまり言わないんかなぁと考えたり。

ひとりごとを言っている人に対して、何か反応したほうがいいんかな…? と気をつかってしまうのですが、反応するかどうかはそのときによりけりです。


テレビを観ててツッコんだり…もほとんどない

よくひとりごとを言う友人は、テレビを観てひとりでツッコミを入れてしまうと言っていました。
私は声に出してツッコミはしませんが、心のなかでツッコんでいることはよくあります。
へーそうなんやぁとか心のなかで感想を言っています。

f:id:chihirolifememo:20170319225358j:plain

ひとりごとを言う人は、これを声に出して言ってるんですよね。

思ったことを声に出すまで頭のなかで起こっていること

ふだんの生活でも、私は思ったことを発言することに慎重です。

何かを思う→それを言っていいかどうかフィルタにかける→言語化する(思い浮かぶことが言葉ではなくイメージのこともあるのでこの過程があります)→声に出す、という手順を瞬間的に頭のなかでしています。
このフィルタは、目の細かいザルのようです。多くの言葉がザルの上に残ります。(つまり、言わない)

この「フィルタにかける」って過程があるから、言葉を選んで発言できている(と思う)けれど、もっと言ったほうがいいことまで言ってないことも多々ありました。
気がついてない中にもあると思います。
まぁ…一長一短ですね。
でももうちょっと思ったことを言うようにしたほうがいいのかもしれない。
自分でも思うし人から指摘されたこともあるし。

ひとりごとからちょっと話がそれましたが。

この先ひとりごとを言うようになるかは…わかりません。
どっちがいいとか悪いとかはないです。

ひとりごとを言いまくっている自分は想像できないですが、何かきっかけがあって言うようになる可能性もなきにしもあらず。

結局なんで自分はひとりごとをあまり言わないのかハッキリした結論は出てないですが、頭のなかでいろんな言葉やイメージがぐるぐるしすぎていて全部言ってると大変だから(そして多くのことがザルの上に残ってしまうから)でしょうか。