読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

日々、旅、あそび。

シンプルライフのアイデアメモ。持ち物、食生活、服、読書、暮らしにまつわるライフログです。

欲しいものリストをつくることで、買い物したい欲とつきあう

スポンサードリンク

花柄のマスキングテープ

買い物の「ルール」というほど厳格に決めているわけではないですが、欲しいな、と思ったものは極力すぐには買わずに「欲しいものリスト」に書いておきます。
少なくとも1週間、できれば1ヶ月。
値段が張るものは数ヶ月〜1年以上寝かせることもあります。
(期間が長い場合、意識して寝かせたというよりかは、悩んでいるうちに結構時間が経っていたり、忘れかけていて思い出してを数回繰り返していたりすることが多いです。)


すぐに買わないことでだいぶ冷静になれます。

その欲しいと思っているものがなくても生活できてることがわかり、やっぱりいらないと思ったり、どうでもよくなってくるものもあります。
このリストに書き留めるのは主に服、服飾雑貨、その他雑貨が多いです。
よく「欲しいと思ったらそれは「必要」なものなのかどうかを考えること」って言われていますが、私の場合、欲しい!って思った瞬間は完全に欲しい気持ちが勝っているのでニュートラルな状態での判断ができません。
それで気持ちが盛り上がって、あとから「あぁ失敗だったな…」というものを買ってしまってたことも多かったのです。

このリストに書くようにすることで、そのような失敗はだいぶ減りました(たまに失敗しますが…)
時期によって、買い物したい欲がやたら盛り上がっていたり、逆に生活必需品以外でほとんど買い物しない時期もあり、なんだか変動が激しいです。
今はわりと盛り上がり気味な時期。

欲しいものリストは、いつも持ち歩いている「ほぼ日weeks」のメモページに書いています。

赤いほぼ日weeksと、ペン

街でおしゃれな人を見つけたときに、あっあの人の服いいな!と思ったり、ネットや本などでステキな服や雑貨、インテリアを見つけるとマネしたくなったり。 そんなときすぐにマネしたくなるのですが、ちょっとひと呼吸おくことを意識するようにしています。…が、すぐに取り入れたくなることも多いです…。あのサイトで見かけたアレほしいなぁとか。そして買ってしまうモノもありますが。そういうときもある…
でも買ってよかったと思えるものならちょっとぐらい別にいいかな、とも思います。

衝動買いしないようにリストつけてるとか書いておきながら矛盾していますが…。
(最初に「厳格に決めているわけではないですが」って書いてるもんね。)
それでもトータルで見ると、前よりうまく買い物できるようになったと思います。
リストに書くこともあるし書かないこともあるというテキトーさ加減でやっております…。