節約ターゲットを絞る「1行家計簿」にチャレンジ中

最近「1行家計簿」をつけ始めました。

『1行家計簿』表紙

普段は家計簿アプリ「Zaim」で支出を記録しています。
項目は結構ざっくりです。食費なら、お菓子も外食もまとめて食費とひとくくりにしているので、細かい内訳は把握していません。(細かく分けることもできますが、手間なのでしていませんでした。)

一時期、手書きで家計簿をつけていたことがありましたが、記入するのも計算するのも手間で続きませんでした。

本屋でたまたま「1行家計簿」というシンプルな家計簿の本を見つけ、チャレンジしてみることにしました。

かさんでいる食費

ここ数ヶ月、なんか食費がかかっているな〜と思っていました。

心当たりはあります。それはお菓子代。仕事帰りのスーパーでついつい買い物かごに入れてしまうんですよね。お惣菜をちょこちょこ買うことも前より増えているし、それもありますね。

お菓子もほどほどの量を楽しむなら良いと思うんです。
でも最近の私は自分でもお菓子食べすぎだと思うし、それがストレス解消になってしまっています。
これでは美容にも健康にも良くありません。
食べた後、あーあ…とか、まぁいっか……と毎回思うのも気分のいいものではないです。お金ももったいないです。

 

「1行家計簿」とは?

1行家計簿とは、1日10秒書くだけでどんどんお金が貯まることがウリの家計簿です。
税理士の天野伴さんが考案したメソッドです。

ルールは以下の3つ。

1.気になる出費の中から節約ターゲットを一つ決める

2.出費のたびに記録する

3.記録期間は1週間から1か月

これだけでOKです。

手書きで書くことがポイントだそうです。

私の場合こんなルールにしています。

◾︎節約ターゲットはお菓子

現在砂糖断ち中のため、甘いお菓子は自分では買っていません。なのでつい買ってしまうお菓子は、スナック菓子やおかきなどのしょっぱ系。

果物やヨーグルト、外食で食べたものは含まないことにします。

◾︎お菓子を買ったら金額を手帳に記入する

いつも使っている手帳の、月間スケジュールページに書いています。

スケジュール帳 月間ページにその日使ったお菓子代を記録したところ

なるべくその日のうちに記入します。(次の日になってしまうこともあります…ためると忘れたりめんどくさくなったりするのでなるべくその日のうちに書きたいところです。)

◾︎記録期間は1ヶ月

とりあえずキリよく1ヶ月の間つけてみます。今で2週間なのでちょうど半分ぐらいです。
前半でお菓子を買いすぎだとわかったので後半は引き締めていきます。

◾︎家計簿アプリでの記録は続ける

何にどのくらい使っているのか、いくらぐらい黒字なのか把握したいので「Zaim」での記録はこれまで通り続けます。

 

節約できたら何をしたいか

今、いくつか欲しいものがあります。
パソコンの買い替え、家具、服などなど。

どれも値の張るものなので、他の部分で引き締めて余裕をもって買い物ができるようにしたいです。

パソコンはいいかげん新しいの買おう買おうとずっと思っているのですがなかなか踏み切れず。
(大きいお金を使うのにびびってしまう。)
使っているMacBook、そろそろだいぶヤバそうなんですけどね…。
家計の無駄な部分を少しでも引き締めたら、購入に踏み切れるような気がします。

1行家計簿―――世界一かんたんにお金が貯まる本

1行家計簿―――世界一かんたんにお金が貯まる本