読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

日々、旅、あそび。

シンプルライフのアイデアメモ。持ち物、食生活、服、暮らしにまつわるライフログです。

1週間活字から離れた効果。

考えかた 日々の雑記 イラスト入り
スポンサードリンク

ヒマしてるとこ

この1週間、活字をなるべく読まない生活をしていました。
ジュリアキャメロンさんの著書『ずっとやりたかったことを、やりなさい。』という、創造性を回復していくための本の中に出てくるエクササイズのひとつです。

仕事もあり、活字を完全には読まないわけではなかったですが、読書とネットを見るのは極力避けていました。
その結果、これまでいかにネットに時間とエネルギーをとられていたかを実感しました。
いろいろ思うところを書いてみます。

 

活字って嗜好品のひとつだと思った。

つい習慣的になんとなく読んでしまうんですよね。
このあたりが他の嗜好品(コーヒーやお菓子など)と似ている…。

その習慣を意識してコントロールしたことで起こった変化がありました。

時間に余裕ができた

いつも何をそんなに忙しくしていたんだろう? ってぐらい時間に余裕ができました。
毎日時間が全然足りない気がしていましたが、足りないなんてことはなく。
特にネットを見る時間を減らしたのが大きいです。
思ってた以上にネットに時間をとられていました。

移動中にスマホを見るのもこの1週間していませんでした。
電車に乗ってるときに見るのなら時間を有効に使えてそうな気もするのですが、常に何かしている、常に何か読んでいるという状況が、なんか休まらないなぁと感じさせる原因のひとつだったのです。

何も読んでいないと…とにかくヒマなんですよね。休日の夜とか特に。

まだ9時かー…って思っているところ

したいこともなく、そのまま寝た日も。
でも睡眠不足気味だったしちょうどよかったです。

精神的に余裕ができた

ぼんやりする時間が増えて、余裕ができました。
「あー…ヒマだなー…」と思うことっていつぶりでしょうか。

鍼灸の先生に「もっとリラックスするように」と言われるんですが、リラックスするというのがよくわからなかったのです。
ぼーっとしているときにふと、あ、リラックスってこういう状態か? と、ちょっとだけつかめたような。

私、リラックスが下手なんですよね…^^;
鍼灸の施術のときも、もっと力抜いて!と、力抜いているつもりなのによく言われます。全然抜けてないってことですね。

大事なことに集中できる

今週は仕事がとても忙しかったです。
最近あんまり集中できないなー…ってことがしょっちゅうだったのですが、他に気が散るものがないおかげか仕事にすごく集中できました。
この「集中する」って感覚を久しぶりに思い出せた感じです。

身のまわりのことをやろうという気が少し起きた

どういう言い方したらいいのか…と思いながら身のまわりのこと、って言葉を使いましたが。たとえばごはんを炊いたり掃除をしたり、クローゼットの整理をしたりといった日常生活のあれこれ。
ぜんっぜんやる気が起きない日が続いていたのですが、少しやる気が戻りました。
ほかにたいしてすることがないのと、気持ちに余裕が出てきたからでしょうか。

きれいになった部屋で今これを書いています。すっきり気分爽快。

外から入ってくる情報をコントロールする。

またいつも通りふつうに字を読む生活に戻しますが、本やネットから離れる時間はときどきつくろうと思いました。