日々、旅、あそび。

ふだんの暮らしのアイデアメモ。持ち物、食生活、服、読書などのライフログです。

切り干し大根とツナの煮物の作り方

切り干し大根とツナの煮物

切り干し大根とツナの煮物

切り干し大根とツナの煮物をよく作っています。
あ〜野菜切りたくない! ってときに乾物が大活躍。
包丁いらずなうえ水で戻すだけで使えるし、面倒くさがりな私の食生活には欠かせないものです。

 

材料

・切り干し大根 1袋(約40g)
・ツナ缶 1個(水煮か油漬けかはお好みで)
・しょうゆ 少々

作り方

かなりおおざっぱ、かつ我流な作り方です。
切り干し大根を水で戻してからしぼるのが面倒なので、しぼらずそのまま火にかけていたりします。
とにかく面倒くさがりなので少しでも手間を省きたいのです。
こんな邪道なやり方ではなくちゃんとしたやり方がいい…という方は、ご自身のやり方に置きかえて読んでいただけると幸いです。

1・切り干し大根を適当にちぎってナベに入れ、水を入れます。水の量は切り干し大根が浸かるか浸からないかぐらいにしています。
これで15分以上置いて乾燥した状態から戻します。
※もしキッチンばさみがあれば、はさみで切ってもOKです。

2・切り干し大根が乾燥した状態から戻ったら、ナベに入れたまま中火にかけます。
火にかけるときに水がほぼない状態の場合は、少し水を足してください。
(水の量はいつもおおざっぱです。切り干し大根が浸かるか浸からないか、の状態の半分ぐらい)

3・沸騰してぶくぶくしてきたら弱火にします。
しょうゆを入れ全体をまぜます。
しょうゆの量は、大さじ1ないぐらい。濃いめの味が好きな方はもう少し入れても。
ツナを汁ごと入れて煮込みます。

4・汁が鍋底で少量になったらできあがり。
※水の量もおおざっぱなので、いつまで経っても汁が少量にならないときもあります…。そんなときはそこまで少量になってなくても火を止めています。

切り干し大根とツナの煮物

今回は具はツナのみで作りましたが、にんじんを入れても美味しいです。

これを週末に作っておいて、平日のお弁当に入れたり、晩ごはんのおかずの一品にしたり。だいたい3日ぐらいで食べきります。
こういうおかずを1品作っておくだけでも平日けっこうラクできます。