ムッとしてもとっさに言葉が出ない。でも良いことだってある。

溜まったものは別の手段で吐き出される。文章とか音楽とか絵とか踊りとか。いろいろな手段で。

f:id:chihirolifememo:20170614233335j:plain

↑ ちょうど良さそうな画像がなかったので、今年の年賀状用に書いててボツにしたイラストをとりあえず繰り出してみた。本文の内容とは全然関係ない。

私はムッとすることがあってもすぐに言葉が出ません。とっさに言語化できないことが多いです。(言いたいことをすぐに言葉に言葉にできる人はすごい。決してイヤミではなく。)

それなのに後になってからああ言えばよかったこう言えばよかったって言葉がまとまってくるのです。でももうその時は過ぎ去っているので言わない。あるいは言えない。
損だなぁ…といつもモヤッとする。

 

こんなことが続くときや、なんかイライラしてるときって「なんで自分ばっかりが損しなきゃならないんだ」って思ってることが多い気がします。

誰でも損はしたくない。でも損してない人もいない。

 

たとえ自分のほうが正しくて相手を言い負かしても、恨まれることだってある。
できることなら恨まれたくないものです。
それでも知らないうちに誰かの恨みは買ってそうな気がしますが。いや、気がするじゃなくて絶対そうだ。ただ知らないだけだ。知らないほうがいいこともある。

恨まれても別に良い、それでも言いたい、と思えることなら言ってもいいことにしています。でもそこまでのことってそんなに多くないです。
とっさに言葉が出てこないんなら、きっとそんなにたいしたことではないのだ。…ということにしている。

それでも、あのときアイツがあんなことを…くっそー…とか思い返してイヤな気分になることもあるんですけどね。そう思う時はそう思うままにまかせています。
…やっぱりなんかソンなことが多い気がする。

腹が立ったときじゃなくても、すぐに言葉が出てこないことはよくあります。
仕事上で何か質問したいことがあるけれど、うーん、どう言葉にしようかな…という具合に。言語で考えてないってことかな。言語でも考えているけれど、イメージとか映像でもの考えていたりもよくある。それを言葉に変換して、ってするからその分段階が多い。だから言語化が瞬間的にできないことがよくあるんだと、自分では思っている。

ソンなことが多いってさっき書いてしまったけれど、良いことといえば、すぐに言語化できない人って文章書くのが苦にならない人が多いってどこかで聞いたような。

うまく自分を表現できない分うっぷんがたまる。そのたまったものが文章のほうへ吐き出されてくる……って感じのことだったと思う。
人によっては文章だし、人によっては別の表現手段なのかもしれないですね。

私は文章はわりとスラッと出てくるので(上手いかヘタかは別にして)日頃いろいろたまってるってことだろーなー…。
でもこうして文章書けているんだから、絵だって描けているんだから、そんなに悪いことではないのかなとも思う。