日々、旅、あそび。

ふだんの暮らしのアイデアメモ。持ち物、食生活、服、読書などのライフログです。

身近にあるもので作るブックカバー

クッキングシートでブックカバーを作る

通勤電車の中など外で本を読むときはブックカバーをつけています。
 
カバーは本屋さんのブックカバーをつけていることが多いです。
自作の布のブックカバーをつけることもあります。
ネットで買ったものや中古で買ったものには布カバーをつけることが多いです。

布のブックカバー

大きさは3種類そろえています。
 
ときどき本にカバーのサイズが合わないことがあったり、カバーを他の本につけっぱなしにしてるときがあります。
そんなときは、本自体についてる外側のカバーを外して持ち出していたのですが、こないだ「ためしにクッキングシートを使ってブックカバー作ってみようかな?」と思いつき、作ってみました。

 

作り方

クッキングシート

きれいな包装紙があればそれを使いたいところですが、包装紙を残していません。
クッキングシートなら幅があるし好きな長さに切って使えるし、ちょうどいいことに気がつきました。(料理に使うという本来の用途からは外れていますが)
 
長さを見つつ、適当な大きさに切ります。

クッキングシートを切って広げたところ

上下は本の高さに合わせて折ります。

クッキングシートを本の幅に合わせて折ったところn

本自体を覆って、端を内側に折り込んでできあがり。

ブックカバーを本につけたところ

丸まっていたので紙がふわふわして浮いてきます。その場合は何か重しをしたり、またはマスキングテープで端を留めるとよいです。

ブックカバーの内側をマスキングテープでとめたところ

 
この透け感がなんかいい感じ。でもこれでは表紙を隠すという役割が果たせておりません…。
本の表紙を一切見せたくない場合は、本自体についてるカバーを外します。
(それならクッキングシートブックカバーする意味あるのかって気もしますが、多少は本の保護にはなるかなと)

本自体のカバーを外してブックカバーを付けたところ

クッキングシートは結構ペラペラ、つるつるしているのでちょっと頼りない感じがしますが、とりあえず何かカバー付けておきたい場合にはちょうどいいです。