読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

日々、旅、あそび。

シンプルライフのアイデアメモ。持ち物、食生活、服、暮らしにまつわるライフログです。

おやつにナッツ類を食べない理由。

考えかた
スポンサードリンク

ナッツ類、ほとんど食べません

ナッツ

身体に良いとされるおやつの定番にナッツ類があります。
でも私はナッツ類は食べていません。

嫌いというわけではないのです。

 

おやつにナッツ類を食べない理由

体質に合っていないからです。
食べると必ずといっていいほどおなかが重たい感じがしたり、おなかを壊します。
胃腸があまり強くなく、消化吸収力の弱い人にはナッツ類は向きません。

鍼灸の先生にも、あなたはナッツをが合わない体質だと言われました。

「ナッツ類はいちばん食べちゃだめ!」とまで。「ナッツ類が身体に良いのは、消化吸収力が強い人だけ。そうじゃない人が食べたら毒にすらなる。」

確かに、食べた後はおなかの調子が良くない実感はありました。

何も知らずに食べていたときがありましたが、今では全然食べていません。ナッツの味は好きなんですけどね。

誰かからひとつすすめられたとか、もらったパンにちょっとだけ入ってたときなどは食べますが(そのときはしつこいぐらいよくかんで食べます)、自分から進んで買うことはありません。

決してナッツがダメというわけではなく、それが合う人合わない人がいるということです。

私はたまたまそれが合わなかったのです。

 

食べ物でも健康法でも、自分に合っているかどうか。

よく本などで、おやつにナッツを…と書かれていますが、自分の体質に合っているのか検証することは(ナッツに限らず)必要だなと思います。
検証するといってもそんな大それたことではなく、その食物を食べたあと、その方法を試したあと自分の身体の様子はどうなのか。次の日はどうなのか。それを1週間続けてみてどうなのか。など、自分で自分の様子を見ることをしています。
 
鍼灸の先生のような専門家の方に体質を診ていただくのも良いと思います。