読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

日々、旅、あそび。

暮らしのアイデアメモ。持ち物、食生活、服、読書などのライフログです。

白湯(さゆ)の作り方と飲み方

スポンサードリンク

白湯(さゆ)を今朝作ってみました。

白湯って聞いたことはあっても実際試したことはありませんでした。
▽こちらの本を読んだのがきっかけです。
毒出しベジべんとう

毒出しベジべんとう

 

 

白湯の作り方

1・やかんに水を入れ、強火で沸騰させます。
   水は水道水でOK。ミネラルウォーターでも作れます。
2・やかんのフタをとり、湯気が上がるようにする。(この時も火は止めない)
3・泡がぶくぶく立ったら火を弱め、10〜15分の間沸かし続ける。
 
これを飲める程度に冷まし、少しずつ飲んでいきます。
体温より少し熱めぐらいが目安です。
 
※作り方には「やかん」とありますが、やかんを持っていないのでお鍋で作りました。
 

白湯の飲み方

 ・朝、起きたてに飲む
白湯は体温に近いのでスムーズに身体に取り入れられます。
 
・各食事で1杯飲む
食事中に1杯程度をゆっくりと。
 
・体温〜体温より少し熱めの温度で、ゆっくりと飲む
自然に冷ましてから、すするようにゆっくり飲みます。
 
・1日の摂取量は800ml程度
デトックス効果が高いため、飲み過ぎると必要な栄養素まで流れ出てしまう可能性が。
 
▽こちらに白湯の飲み方や効果がくわしく書かれています。
ショウガを入れたりといった、アレンジ方法も。白湯を電子レンジで作る方法もあります。

湧かしただけのお湯だけど無味じゃない。

『毒出しベジべんとう』を手にとったのは、なんか最近身体がだるいし、食生活乱れがちだし何か参考になるかな〜と思ったからです。梅雨の時期特にだるく感じるのは毎年のことですが。どうにかもう少し快適にできないものかと。
身体の冷えも気になっていたので白湯を試してみることにしました。
冷えやデトックスに良いとか。
 
デトックスされると白湯が甘く感じられるそう。
……そうなんだ。今は全然甘く感じません。何味とはうまく言えないけれどなんか変な味だなと感じました。
毒素めっちゃ溜まってそう。
甘く感じるようになってみたいです。どんな感じなんだろう。