日々、旅、あそび。

ふだんの暮らしのアイデアメモ。持ち物、食生活、服、読書などのライフログです。

「趣味は何ですか?」に対する答え

趣味……何だろう。

f:id:chihirolifememo:20170803123139j:plain

「趣味は何ですか?」…って、地味に困る質問です。
(別に困らんよって人もいるかと思いますが)

趣味か…うーん、特に。って感じ…?
好きなことが何もないわけではないんですが、はたして「趣味」と言えるほどのものなのかって思うんですよね。
さらに、その内容があんまりオープンにしたくないものの場合もあります。
たとえばブログとか……。

 

とりあえずの答え

だけど「趣味はありません」って言うのもなんだかなぁと思うので、聞かれたときは「散歩」って言うことにしています。

あとは「ちょっと写真撮ったり」って答えることもあります。
どちらも一応ウソではないです。
 
たとえば「読書」と答えると、作家は誰が好きなんですか?どんな本読むんですか?…ってなるじゃないですか。
結構困るんですよ…。
そのときそのときで気になった本を読むという読み方をするし、一時期特定の作家さんにハマっても、あるときはそうじゃなかったりもしますし。
好きな作家さんが全然有名じゃない人の場合、言っても誰それ? …ってなりますし。話が広がらない。広げられない。
なんかちょっと申し訳ないと思う。

それに読んでる本って人に言えるものと言えないものってないですか?
あるいは、このメンバーには言えるけど、こっちのコミュニティでは言えないようなものとか。
私の場合だと、たとえばビジネス書や自己啓発の類の本ってあんまり人に言いたくなかったりします。(こういう本ばっかり読むわけではないですが、ときどき読むことがあります。)
人によってはこのテの本を全然読まないとか、軽蔑していることもあるので。
言う相手は選びますね…話せるコミュニティでは話せるんですが。

趣味は、あってもなくてもよいと思う

趣味っていったい何をもって趣味って言うんでしょうか。
趣味の定義って何?? …と考えてしまう。


語れるほど好きで詳しかったら「趣味」ってはっきり言えるんだろうけど、そこまでじゃない場合「趣味」って言っちゃっていいんだろうかと思う。

そもそも趣味って必ず必要なものなのか?
別にないならないでいいんじゃない?
もしヒマでヒマでしかたがない場合なら、あったほうがいいかもしれません。
忙しくてそれどころじゃないなら、どっちでもいいのでは。

あったらあったで、なければないで。

本当の「趣味」

趣味は何か聞かれたとき用の答え用意しとこうかな? とも考えて、いちおう用意している答えが、散歩、読書、写真、映画鑑賞、お出かけ。どれもウソではない。
言っても大丈夫そうな相手になら「ブログ」って言いますね。(でもこれ言える相手はそんなに多くない)

あぁ私の「趣味」はブログなのか。
最近だとほかにはファッションの研究も「趣味」ですね。

なんか、世間に見せる私ともうひとりの私がいるな。
こういうのって結構誰にでもあるものなんかな? 人によるかな。
ほんとうの趣味がいわゆる「一般世間」に受け入れられにくいものや、やってる人が少ないときに「別の顔」ができるんだと思う。