読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

日々、旅、あそび。

シンプルライフのアイデアメモ。持ち物、食生活、服、読書、暮らしにまつわるライフログです。

今月手放した服 2016年6月

スポンサードリンク

おもに古い服を手放しました。

今月も何枚か服を手放しました。
傷んでいるのになんとなくそのまま着続けている、というパターンが多いです。
でもシーズンオフのものだと今は着ていないからか客観的になれるような。
そんなわけで、今月手放したのはシーズンオフの服です。あと小物もちょろっと。

 
白いセーター

白いセーター

毛玉だらけだったのでずっと部屋着として着ていたもの。
そしてさらに毛玉だらけに。それも見慣れてくると気にならなくなってくるのですが、服の整理をしようと久しぶりに目にすると、毛玉だらけなだけでなく全体的にかなりくたびれてきてるなー…と。

黒いセーター

黒いセーター

首元にビジューのついたセーター。
買うときに、このビジューがなんか微妙だな…とは思いましたがなんとなく購入。セールの残り品の最終セールでさらに安かったし。
でもこういう理由で買うと結局着なかったり、気に入り度もいまひとつだということが改めてわかりました。

フリースパンツ

フリースパンツ

これは長年お世話になりました。
だいぶ薄くなってぺらぺらになってきているし、同じものの柄違いをもう1枚持っているので手放すことにしました。

ウールのストール

ウールのストール

いつからか全然使わなくなっていました。
この先もたぶん使うことはないだろうなとおもったので手放すことに。

ベルト

ベルト

数年の間まったく使っていなかったので手放しました。
同じようなものをもう1つ持っています。

シュシュ

シュシュ

これも長年使ってきて傷んできていました。
最近はヘアゴムばかり使っているので、これはお役目終了ということで。

どのアイテムもこれまでありがとう。
もうすぐ引っ越しということもあり、これまでなら悩んでいただろうものも思い切りよく手放せました。
服何枚か減ったところでそんなに荷物の量が大きく変わるわけではないですが、セーターは厚みがあるので、その分が減って少し余裕が出ました。

こうして見てみると、自分のパターンが見えてきます。
ボロボロになるまで使えたとか、好みと合わなくなってきたんだなとか、なんとなくで買い物すると失敗するとか。
買い物をするときに前よりもよく吟味するようになってきました。
それでも失敗はありますけどね〜。

今月は服を1枚も買いませんでした。
先月まとめて買ったので、それらと前からの手持ちのものをあわせて着回しています。
このブログを始めたときはとにかく減らしたいという気持ちが強かったですが、ただ単に枚数が減ればいいというわけではなく、厳選された納得のいくものを揃えたいんだなという思いがあることに最近気がつきました。
増えたり減ったりしながら、ワードローブ作りはこれからも続きます。