日々、旅、あそび。

ふだんの暮らしのアイデアメモ。持ち物、食生活、服、読書などのライフログです。

家にあったてんさい糖を処分しました。

家で料理するときは砂糖を使いません

f:id:chihirolifememo:20160629142953j:plain

今週は引っ越し準備で家中のものを整理したり箱に詰めていったりしています。
冷蔵庫の中にあるものもどんどん食べ切っていきます。
冷蔵庫の奥のほうに、使いかけのてんさい糖を発見。前に使ったのいつだったっけ?

 『脱シュガー宣言! 』を読み砂糖断ちを開始して1ヶ月ちょっと。この間料理に砂糖をまったく使っていません。
それに砂糖断ちの結果としていろいろ嬉しい変化を実感している今日このごろ。
変化、というのは、前ほど甘いものを求めなくなってきたとか、自分をコントロールできるんだという実感など。
私は料理をするときにふたたび砂糖を使うことがあるだろうか?と考えたら、たぶんないだろうな、と。
これ白砂糖じゃなくててんさい糖だけど、それでもきっと使わない。

甘味をつけるなら他にはちみつやメープルシロップだってあるし。
もう砂糖を使わないで料理ができると、とてもすんなりとそう思えました。
それならもう家に砂糖は置いておかなくていいかなと。
潔く処分しました。

和食には主にみりんを。

料理、とくに和食のおかずを作るときにはみりんを使っています。
例えばきんぴらごぼうのような甘辛系の味付けのときには、おしょうゆとみりんを使うというように。
砂糖よりもすっきりした甘さに仕上がるような気がしています。

洋食系のときはそんなに甘味は使わないかな? いや、洋食ってそんなに作ってないか。
和食なのか洋食なのかなんともいえない名も無き料理をよく作っているもので…。(あるもの炒めただけとか)
そういう時はだいたい塩コショウで味付けが多いです。あとはお酒を使って野菜を蒸したり。
酒蒸しは美味しいですよ!

おやつ系にははちみつ、メープルシロップを。

おやつを家ではそんなにしょっちゅうは作らないんですが、作るとしたら炊飯器蒸しパンとパンケーキ。

このときははちみつを入れています。
そのときの気分で甘味を調節します。あんまり甘くなく食べたいときは控えめに。思いっきり甘くしたいぜ! ってときはたっぷりと。はちみつならたっぷり入れても罪悪感は薄いです。
クッキーなどの焼き菓子は、前は作っていたんですが最近ではすっかり作らなくなりました。なんか面倒くさくて…。3年前にオーブンレンジを手放したのも大きいですね。
蒸しパン、パンケーキ以外のお菓子を食べたいときは買ってくる、または外で食べると割り切っています。

あとヨーグルトにはメープルシロップをかけるのが好みです。もちろんはちみつでも美味しいんですが。
でもメープルシロップってそんなに買わないので(ちょっと高いから。はちみつもだけど…)たまのお楽しみ。

時々甘いものが食べたいな〜と思うのですが、それでも砂糖断ちを始めてからは甘いものへ対する欲求がだいぶ薄れました。
以前は、もう食べたくて食べたくて気が狂いそうなほど。どんだけやねんって感じですね…。それを思うとずいぶん変わってきたなぁと思います。いかに中毒になっていたかを実感しました。

でも、たまには甘いものを。

いろいろ書いてきてそれかい、って感じですが。たまの楽しみは必要です。
適当に買ったものを適当に食べるのではなく、よし、今日はデザートを楽しもう! と決めて、ちょっといいとこのスイーツを食後に楽しんだり、カフェのケーキセットを楽しむ、というようなのがいいです。何かの記念日とか、仕事が一段落ついたときなどに。
でももうしばらくは甘いお菓子は控えておこうと思います。甘いものを口にして元に戻ってしまわない自信がまだないです。

こんな感じでゆるく砂糖断ちを継続中です。