日々、旅、あそび。

ふだんの暮らしのアイデアメモ。持ち物、食生活、服、読書などのライフログです。

都道府県地図、描けますか?

自分にとっての当たり前は、人にとっての当たり前ではない

ある日、なんか話の流れで
「ちょっと東北地方(の地図)描いてみてよ」
という話になり、私はそばにあったホワイトボードに描きました。
そんな精密な地図ではなく、すごくざっくりした地図だったんですが。

東北地方 地図

…そしたら「すげえ!」と驚かれて。
(べつに私が地図描ける自慢をしたいわけではないですよ、念のため。)

あ〜これって当たり前のことではないんだなと思った。
自分は地図好きなんだとあらためてわかりました。

 

その後さらに、
「じゃあ四国地方描ける?」と言われ、

四国地方 地図

描きました。(全然うまくはないが)

また「すげえ!」とのお言葉。

恐縮です。
…でも四国って4つしかないやん?
べつにすごかないよ? てなことを言ったら、

「都道府県なんて小学校で習ってそれきりやわ〜」

 

あぁ! そういうもんなの!?

 

(そういえば小学生のころ、都道府県パズルなんてのをやったことを思い出した…)

 

もちろん、都道府県なにがどこにあるかなんてフツーにわかるよって方も多いと思いますが…

そうでない方も多いのですね。

自分が当たり前だと思ってることが必ずしも人にとってはそうではないということはわかっているつもりでしたが、あまりに自分にとって自然だと、他の人にとってはそうではないことも多いということを忘れがちなんだなと思いました。

 

ちなみに都道府県地図ですが、完璧に描けるわけではないです。
とくに埼玉、栃木、群馬、千葉、茨城あたりの位置関係がややこしくて、どれがどれかわからなくなりそうになります。
(埼玉、栃木、群馬、千葉、茨城の方スミマセン…)
関西の人でこういう人は多いんじゃないかと。

逆に関東方面にお住まいの方だと、滋賀とか奈良とかあのへんよくわからんって思っている人は多い…のでしょうか?
(こう言ってた人に出会ったことがあるので)

 

九州地方は描ける? と言われて描いてみましたが、九州むずかしいですね…(九州地方の方スミマセン…)

九州地方 地図

位置関係はこんな感じですが、形はさっぱり。
大分の右上の丸みが好きです。ここだけこだわりました。(丸みが好きってなに…)

「自分にとっての当たり前」はほかの人とちがうってことを知るのは、人と関わることでしか知れない。
…ってずっと前に誰かが言ってた気がする。(どこで誰が言ってたのかは忘れた)

 

でも…都道府県地図描けるかなんて話題、なかなか出ないですよね!?

 

そういえば妹は、各都道府県の県庁所在地をすらすら言って同僚たちに驚かれた(軽く引かれた)と言っていました。
いったいどういう流れで 県庁所在地の話になったんだろう……謎。

 

保存