日々、旅、あそび。

ふだんの暮らしのアイデアメモ。持ち物、食生活、服、読書などのライフログです。

作ってもらったごはんは、自分が作るごはんよりおいしく感じる

仕事帰りに定食を食べに行く

定食 野菜炒め イラスト

昨日は仕事が早く終わったので、晩ごはんを食べて帰ることにしました。
なにか定食的なものを食べたい。
ごはんにおかず、汁ものがあって、小さいちょろっとしたおかずがあるようなザ・定食が食べたい。

会社からひと駅離れたところにある本屋さんにぶらっと立ち寄って本を物色したあと、定食屋さんへ野菜炒め定食を食べに行きました。

 
野菜炒め…おいしいですよね。
たっぷりのキャベツに、もやしやにんじん、おネギ。
そして豚肉。
野菜炒めに入っている豚肉ってなんでこんなにおいしいのか。
もちろんほかの料理の豚肉もおいしいです。
でも「野菜炒めの豚肉」ならではのおいしさってあると思う。
いろんな野菜の味がからんだ、あの味。

人に作ってもらったごはんってなんでこんなにおいしいんだろうと思う。
おんなじ野菜炒めでも、自分が作るとここまでおいしいとは思わない。
キャベツをテキトーに炒めた、なんか殺伐としたおかずに仕上がってしまう。
…まぁ単に私の作り方が我流で雑なのが大きいけれど。

食べるシチュエーションもありますよね。
仕事が終わってやれやれ〜おなかすいた〜! 今日も1日おつかれ自分! …みたいな。そんな状況だとなんでもおいしい。

仕事終わったあとにごはん食べに行く予定を入れていると、おやつを控えられますね…。
この日はなんとビスケット3枚ですみました。
(「なんと」とか「すみました」って言うようなことかい……ってツッコミはおいといてください。)
いつもこれぐらい控えられたらいいんだけど。

私が仕事中のおやつによく食べているもの


エネルギーチャージできたので、またお仕事がんばります。