実はお酒がそんなに好きではない

SPONSORED LINK








ビール

タイトルの通り、私はお酒がそんなに好きではありません。
キライではないんです。

でもしょっちゅう飲みたいかというと、別にいらない。
飲み会など誰かとの食事のときは飲むこともあるけど自分ひとりのときは飲みません。
飲み会に行くのも年に3〜4回ぐらいかな? これより少ない年もあるかも。0回ってことはない。
飲むときも、ビール1杯だけとか、梅酒1杯だけだったりします。それだけ飲んだら十分って思う。

念のため書いておきますと、飲むのが好きな方のことを批判したいわけではまったくないです。

こんな人間もいるということを知っていただければと思って書いています。

お酒が好きではない理由

味がそんなに好きではない

これが一番の理由です。
そんなにおいしいと感じないんです。

きゅうりの味が苦手とか、にんじんが苦手というのと同じです。
きゅうりは味はそんなに好きではないけど食べられないほど嫌いとまではいかない、ってのと似てます。

ちなみにビールは社会人になりたての頃は全然おいしいと思えませんでしたが、数年経つと前よりはちょっとおいしいと思うようになりました。
それでも1杯で十分。
お酒よりも水のほうが好きです。

飲んでも酔わない・リラックスしない

体質的には、そこそこお酒に強いほうです。
20代の頃はけっこう飲んでましたね。
でもいつもほとんど酔っ払わなかったので、今飲んでるコレが酒でもジュースでも一緒ちゃう…? と思えてきました。
それに、飲みたくて飲んでるというよりかは、なんとなくその場のノリで飲んでるとか、なんとなくまわりに合わせて飲んでることが多かったです。

酔わないなら、酔うまで飲もうとも思わないです。
なんでそんなに酔いたいのでしょうか?
実はそこがよくわかりません…。

酔わないと素を出せないから?
お酒を交えるとコミュニケーションがとりやすく…なりますか??
お酒が入ろうが入るまいが、話が合う人とは合うし合わない人とは合わないし、飲んだからって話しやすくなるとはあんまり感じてこなかったです、いままで。
でも、これは私の場合がそうなだけで人によると思います。
たぶんリラックスできてざっくばらんにお話しやすいって感じる人のほうが多いんかな? と思います。

だけどお話しやすくなって説教してこられたり聞いてもないアドバイスをしてこられたり、面倒くさくなってこられるのは勘弁してほしい。

液体ばかりそんなに飲めない

おなかちゃぷんちゃぷんになりませんか。
お酒のほかに料理もあるので、ちゃぷんちゃぷんだとごはんが食べられません。
お茶だったらあんなに何杯も飲まないのに、お酒なら飲むのは、なぜ……。
特にビールをたくさん飲むとそれだけでおなかがいっぱいになってしまいます。炭酸はおなかがふくれる。

まとめ

こんなふうに感じている人がほかにもいるのかも…と思って書いてみました。

お酒はそんなにですが、飲み会が楽しいかどうかは、会によりますね。
楽しい会もあれば、いまいち……な会もあります。
参加すらしたくない会もある。
(「いまいち……」な会と、「参加すらしたくない会」が多い)
基本的に飲み会は嫌い、でもたまに(メンバー次第で)行ってみようかなという会がある、って感じですね。

飲み会についても思うことがいろいろありますが、それはまたの機会に。