転職活動

転職先選びに失敗した話と、こうすればよかったと思うこと

アイキャッチ

こないだ転職をして新しい勤務先に勤め始めたんですが、そこの会社があまりにブラッ個性的というか独特というか……。
思っているような経験が積めそうになく、会社の価値観にもついていけそうになく、これ以上居続けるのは自分のためにならないと判断して退職に至りました。
とほほ。(;;)

会社選びってほんとに難しい。面接で質問しても入ってみないとわからないことって多いです。
(でも私の聞き方が不十分だったり、違和感を感じてるまま進んだのも良くなかった)

面接のときにちょっと違和感を感じていた部分もあったんですが、内定が早く欲しくて焦っていたんですよね…。

ここがまずかった、こうすればよかった、と思う点をまとめたので、
こんな失敗例もあるんだな〜と思って読んでいただければ!

面接の時に感じていた違和感

実は面接のときに「?」と感じる点がいくつかあったんです。

社内の雰囲気を聞いたときに、言葉を濁した面接官

コミュニケーションは活発に行われているのかどうかを聞いたときに、
「まぁ仕事上の会話はするけど……」
「まぁ普通かな〜……」
…なんかこれまでの会話から急に歯切れが悪くなったなぁと感じました。

おそらく他の誰かとまちがえてるであろう内容の発言

「書類選考のときにこんなこと質問していただきましたがそれについては〜〜云々」
……?そんな質問してないんだけどな?
(でもこちらが質問挟む間もなく面接官は話すので、こちらから突っ込む間もなく次の話題へ)

ディレクターがいないらしい

業界は違えどこれまでいくつか制作会社に勤めてきたんですが、ディレクターがいない会社は経験がありませんでした。ちょっと気になりましたが、そういう会社もあるんだなーぐらいにしか思っていませんでした。
デザイナーもコーダーもエンジニアも、皆デザインもコーディングもディレクションもやる、と聞いたので、へ〜そうなんやぁ、と思いました。
(でもこの点が後になって気になってきた。そして実際入社してみると違った)

面接中に、携帯にかかってきた仕事の電話に出た

え…面接してるときでも電話に出るんだ…?

会社選びに失敗した要因

違和感を感じつつも突き進んでしまった

なんとなくヘンだな…気になるな…と感じていたんですが、気にしすぎかなぁ…そういう会社もあるんかな。私がそれまで勤めていた会社に結構長くいたので、そこでの環境に慣れてるからよそに違和感を感じるだけかもしれない。とも思ったので、内定通知が来たときにOKしてしまいました。

社内を見せてもらうのをお願いするのを忘れた

社内の雰囲気を少しでも知りたいので、これまで面接のときは見せてもらえるかお願いするようにしていたんですが、このときはテンパっててど忘れしてしまいました。
帰宅してから「あー!聞くの忘れた!」と気づきましたが、社内を見せてくださいってあらためてお願いするのどうなんだろう…仮に見せてもらえたとして、やっぱりなんか微妙だな…と思っても辞退しづらいのでは? と結局見せてもらいませんでした。

制作メンバーに会わせてもらわなかった

どんな方がいるかは知っておいたほうがよかったです。
雰囲気、使っているツールのこと、勉強会行ってるかとか聞ければよかった。
(でも今回の場合、激しく人が入れ替わってる会社だったので、仮に面接の時にメンバーと会っていたとしても入社したらこないだと違う人だ…ってことになってましたね)

面接でちょっと取り繕ってしまった

ちょっとええかっこしぃな返答をしてしまった部分があったんです。
答えを用意していない質問がきてとっさにそれっぽいことを言ってしまった。
そしたらその部分も評価されていたらしい…ってことを後から聞きました。
ヘタに自分を良く見せようとすると入社後のミスマッチに繋がりますね……。

内定が早く欲しくて焦っていた

結局これがいちばんの原因です。
在職中に内定をもらうことを目標にしていて、退職日が近づいていたので焦っていたんです。
だから違和感もないことにしてしまった。

こうすればよかったと思うこと

あまりに違和感を感じるなら撤退する

結果が来るまで時間があったので、その間にけっこう悩んでいたんです。
やっぱりアレは気になるな…、もっかい聞いておいたほうがよくないか…? とか。
年末年始を挟んでいたんですが、休み中1日1回はそのことが頭をかすめていました。笑
でもそんなに気になる点があって毎日頭をかすめるぐらいなら、辞退したほうがよかったなって思います。

もしくは誰かに相談する

この時点で誰かに相談してもよかった。
Web業界で働くのは初めてなので業界のこともよく知らないし、もっと知識のある人に相談したら的確な判断ができていたかも。

選択肢を絞りすぎない

デザインとコーディングのどちらも経験できる制作会社で、正社員で…と他にもいくつか条件を付けて会社選びをしていたんですが、選択肢を絞りすぎていたかもとも思いました。

Web未経験で、年齢が30代前半だと選択肢自体がそんなに多くはないと感じます。求人の大半が経験者募集ですし。
そこでさらに条件を付けるとますます選択肢が狭まってしまう。
その中から無理やり選ぼうとすると、とりあえず目の前に来た求人掴んでおかな!って気持ちになって、目が曇りやすくなるなぁと感じました。

自分のことを知ること

人の成功事例がそのまま自分にも当てはまるとは限りません。
得意不得意や性格もちがうし、自分はどう感じるのか、自分にとって働きやすいのかがだいじ。

まとめ

焦りは禁物!!
焦ると判断力が鈍る。

自分の感覚に正直に。
自分の感覚ってだいたい当たってます。
そこに決めていいのか迷うってことは何かしら引っかかりを感じているということ。

選ばれるのではなく、選ぶのが大切
もちろん企業から選ばれる側ではありますが、応募する側も企業を判断する立場。
ってことは忘れたらあかんなって思う。

自分にとって譲れない条件をはっきりさせておく
私の場合いちばん大事なのは社風だとあらためて認識。

自分が求めていることを書き出して整理したり。(全部希望通りは難しくても、どうしても無理な点をはっきりさせたり、これならどうにかやっていけそうなラインを意識できる)
メモ

とは言っても…
焦って失敗してしまいましたが「在職中に内定をもらう」という目標は達成できたので、後悔はありません。
これだけは絶対達成したくて、それで勉強がんばれたんです。

すんなり上手くいくほうがもちろんいいですけど、まぁこれはこれで。
また転職活動がんばります。

読んでくださったかたが、私のような失敗をしないことを祈ります!