立体的な間取り図の描き方

SPONSORED LINK








間取り図の書き方

iPhoneの写真を整理していたら、立体的な間取り図を描く工程の写真が出てきました。
しばらく前に描いて、備忘録的に写真に残してあったものです。
せっかくなので(?)記事にして記録しておきたいと思います。

よければ参考にしてください!

SPONSORED LINK

手描きの間取り図の書き(描き)方

まずは下書き。平面的に間取りを描きます。

間取り図の書き方

対角線をひきます。

間取り図の書き方

対角線に合わせて、壁を描き足します。

間取り図の書き方

下辺のところに1個モノを追加。これは鏡です。

間取り図の書き方

配置してある家具などに、立体感を出します。
それぞれのモノの角から中心へ向かう線をひき、それに合わせて立体的に描きます。

間取り図の書き方

細部を描いていきます。

間取り図の書き方

ペンでなぞります。

間取り図の書き方

対角線や、下書きの線を消します。

間取り図の書き方

できあがり!

間取り図の書き方

ちなみにこの部屋は以前住んでいた部屋です。
今は置いていませんが、そういえばこのときはソファを置いていたなぁ…。(私の生活にソファはいらないと学習した)

▼今回描いた間取り図と家具のレイアウトはちがいますが、こんな部屋です。

住んでる家の記録を残したいときや、旅先で泊まった宿の部屋を記録しておきたいときなどに使えると思います!
参考になれば幸いです。