映画

森見登美彦『夜は短し歩けよ乙女』がアニメ映画化されるのが楽しみ

森見登美彦さんの文章は、難しそうに書いてあるのにすんなり頭に入ってきて心地良い。自分を卑下する感じというか。

先に映画化されていた「四畳半神話大系」もめちゃくちゃ面白くて、このときのスタッフさんと同じらしい。

なので映画化されると知ってかなり期待しています。

「電気ブラン」って初めて聞いた…
どんなお酒なんだろうか…おいしいんだろうか…

森見登美彦さんの小説を読むと京都に行きたくなりますね。
京都の情景の描写がたくさん出てくるので気分が盛り上がってきます。
「夜は短し歩けよ乙女」は特にそう感じます。