「思い出し怒り」が多い。そんなときの対処法

SPONSORED LINK








ボクシングイラスト

別に思い出したくはないんですが急にふっと腹立つことを思い出して怒りがこみあげてくることがよくあります。
最近特に多い。

怒りの対象の人物は今身近にいる人じゃないので(それも複数いる)思い出したところでその本人にぶつけることができないんですが、それでも勝手に怒りが湧き上がってくるので腹が立ってしまいます。
いまさら怒っても仕方ないんだけど。
でもこの腹立つことを、ないことにするほうがもっとよくないので湧き上がるままにまかせています。
(キレて関係のない誰かに当たったりはしてませんよ。)
そのときに怒ればよかったと思いつつ。

昔からこういう性分で、過ぎたことを思い出して怒ったり、恨みを持ったりはよくありました。
そのときに怒れないからずっとくすぶったままになるんですよね……。
損な性分やなぁと思う。

SPONSORED LINK

とっさに怒れない理由

理由はいくつかあって、
・とっさに言葉にならない(言葉になるのに時間がかかる)
・その瞬間、自分は怒っているとか、傷ついていることを自覚できてないことがある(怒りにフタをしている)
・そのときは、相手が正しいと思ってしまう(でも後からよく考えると、あれはおかしいんじゃない? と思うことがある)
・立場的に言いづらい相手の場合(目上の人とか、お世話になっている人とか)
・腹が立ちすぎて言葉が出てこない(頭に血がのぼるのみ)
・相手が聞く耳持たないとき(自分が100%正しいと思っている)

こんな理由です。

私がこういうことをする(言う)のはこういう理由からだろうと勝手に決めつけた上で何か言ってくる人がいましたが、その思い込みは間違っているし、こっちは普通にキレてますからね……。
私は見た感じおとなしそうな印象を持たれがちなんで、こいつになら何言ってもいい、反撃されないとでも思ってるんですかね。(しかも実際はちがいますからね。)
弱そうな相手になら言えても、そうじゃない相手には言えないんじゃないですか?

なめてんじゃねえよ。
なめてるってこっちには伝わってないって思ってる?
めっちゃわかるで?

思い出し怒りの対処法

よく「相手を許しましょう」って聞きますが、それができたらこんな記事書いてません。
自然に許せるときがきたならいいですが、そうじゃないならムリに許そうとしても苦しいだけですよ。

過ぎたことはもうどうしようもないので、とにかく発散を……と思って、週末にキックボクシングジムに通っています。
運動するのが主な目的で昨年秋から通い始めたんですが、じつはこういう理由もあったんです。
腹立つ奴のことを思い浮かべてひたすらサンドバックを殴る蹴る……とは言っても常にそういうことを考えているわけではなく、無心になってやってることのほうが多いです。
動いているとすごいしんどいんで何も考えてられなくなってくるし。

それで身体鍛えられるならそれでもいいかと思っています。
奴が不健康なことしているあいだに、こっちは健康に良いことをしているという優越感。
もしまた思い出したら、想像の中でパンチでもキックでも食らわせてやればいいんです。
ボクシングイラスト

↓ キックボクシングを始めたときの記事。
キックボクシング始めました。

あとは、もし不愉快なことを言われたりされたりしたときのためにシミュレーションしておくのもいいですよ。
こういうことを言われたらこう言い返す、というのを脳内で繰り返し練習しておきます。これはほんまおすすめ。
私はとっさのとき頭が真っ白になりやすいので、練習しておくと言葉に出やすい。
実際に反撃することがなくても(それがいちばんですが)頭の中で相手をやっつけていると結構ストレス発散になります。

こうしてブログや日記を書くのもいいですね。

↓ こんなアイテムもおすすめ。
手軽にストレス発散! パンチングボールをパンチ!

ほんとは、そのときにちゃんと伝えられるのがいちばんいいんですけどね。でもまぁそうはいかないことも多いじゃないですか。