水星逆行の影響。今回は意外と良いことがあった。

SPONSORED LINK








星空

3/23〜4/16の水星逆行の期間が終わりました。
今回は特に何もなくてひと安心。
ちょっとした変化があるといえばあったけど、大波乱みたいなのはなかった。
言動にいつもより気をつけていてよかった。

SPONSORED LINK

水星逆行とは?

「水星逆行」は西洋占星術の用語で、文字通り水星が逆行している状態のこと。
実際の水星が軌道を逆行するわけではなく、水星と地球の位置関係によって水星がいつもと逆方向に進んでいるように見える時期があって、それが水星逆行。

水星逆行中に起こりやすいこと

・電車、車、飛行機あど乗り物が遅れる
・ネットやコンピューター、電化製品のトラブル
・配達物がなかなか届かない
・計画が予定通りに進まない
・思わぬ勘違いやミス
・コミュニケーションのトラブル
・懐かしい人、ご無沙汰している人との再会
・以前考えていたことをもう一度取り組む機会がくる
……などなど。

この記事を書くためにいくつかのサイトを読んでいたんですが、起こりやすいのは悪いことばかりじゃないんですね。
昨年の水星逆行のときは、身の回りでトラブルがよく起こっていたので次は何がくるのか……気をつけなければ……! とちょっと構えていましたが、良いことがありました、今回は!

ご無沙汰していた方との再会があったり、ずっと放置していたことを再び考え始めたり…ということがありました。
あとは、長年気がつかなかったことに急に気がついたり。それが前に進むための大事なことだったり。

そのときによって受ける影響がちがうようです。

昨年(2017年)の水星逆行のときに起こったこと

昨年以前は水星逆行というものを知らずに過ごしていました。
知ったのはたしか昨年末か今年の始め頃あたり。
昨年の水星逆行の時期を見てみると、あ〜、このとき、こんなことやあんなことがあったわ〜…と納得。見事にトラブルが起こっていました。

たとえば…

仕事での遅れやうっかりミスが大きな失敗につながる

クライアントさんと制作物のやりとりをしていたんですが、クライアントさんがチェックを入れてこちらに返してくるのが、回を重ねるごとにだんだん遅れてくる。
徐々にスケジュールがタイトになってきて、焦った私が最後の最後で凡ミスをしてしまい、大事な箇所がまちがった印刷物が刷り上がってしまう。

周りの人とモメる

私はふだんそんなに派手にキレたりしないのですが、短期間のあいだに3回ぐらいキレたときがありましたね…。
身近な人のささいな行動に、これまでの我慢が爆発してキレる。
ちょっとしたことにイラついたことから揉めごとに。
なんか精神状態ふつうじゃなかったと思う。

衝動的になにか言いそうになったらひと呼吸おくか、その場から離れるようにしようと思いました。

平和がいちばん…!

2018年の水星逆行はいつ?

水星逆行は、年に3〜4回、それぞれ3週間ほどの期間があります。
2018年は、
3月23日~4月16日
7月27日~8月20日
11月17日~12月7日

の3回です。

水星逆行=悪いもの、と思っていましたが、必ずしもそうじゃないんだとわかった今回。
良い時間でした。