嫌なことはずっと覚えているのに、嬉しかったことってすぐ忘れる

SPONSORED LINK








ほぼ日手帳

少し前に、ほぼ日手帳に5行日記をつけているという記事を書きました。
▶ 最近ほぼ日手帳に書いていること 〜5行日記をつける〜

この記事のなかで5行日記は感情をまじえずに事実だけを書くって書いたんですが、今年も始まって2ヶ月が経ち、だんだん書き方が変わってきています。
すぐ気が変わる私にはよくあることです…。

気分次第で5行以上だったり、以下だったり、感想も書いていたり、何も書かない日があったり、ルールがゆるくなってます。
続けやすいならどんな書き方でもあり。

そんで、なるべく書くようにしていることがあって、毎日絶対というわけではないんですが、その日の良かったこと、嬉しいと思ったことや、できたことを何か1つは書くようにしています。

なんか上手くいかないことが続いているなと思っても、これまでいつでも上手くいかないことばっかりだったはずはないし、気分が沈んでいるときはつい悪いほうばかりに目がいってしまいがち。
その時その時で努力もしてきたし、これまでの自分が積み重ねてきたことによって今の自分がある。
だから、「自分、よくやってるなぁ」と思おう。

ほぼ日手帳

嫌だったことや腹が立ったことはいつまでも覚えているのに、その反対はいとも簡単に忘れてしまう。