Webデザイン

Webデザインを独学するメリット・デメリット

webデザイン独学 アイキャッチ

Webデザイナーに転職したくて、先月まで在籍していた会社で仕事しながら並行して約5ヶ月独学をしてきました。(転職活動をして2社から内定をいただくことができました)

メリットデメリットはやっぱりいろいろありました。
私の場合、すぐにスクールや職業訓練に通いづらい状況だったので独学を始めたんです。

独学ってどうなんだろう? と思っているかたの参考になれば幸いです。

Webデザイン 独学のメリット

自分のペースで勉強を進められる

私は会社勤めをしながらの勉強だったので(しかも制作会社で残業が多い)、使える時間が限られていました。
仕事が落ち着いてる週は一気に進めて、忙しいときは1日1時間だけでもいいからできることをやる…って感じでやっていました。

都合のいい時間に勉強できる

平日の勉強時間帯はおもに夜帰宅してからと、会社への行き帰りの電車の中です。
会社で昼休みにやってたこともありました。
土日はだいたい昼間と夜。
私は仕事からの帰りが夜遅いのと、朝が弱いのとでいつも夜遅くにゴソゴソ活動していました。

重点的に勉強したいところ、教材などを自由に決められる

私の場合これまで紙媒体のデザインをしていたので、Photoshopといえば画像を修正したりイラストを描いたりするためのものでした。
レイアウトはIllustratorかIndesign。
なのでPhotoshopでサイトやバナーをデザインするのに最初とても戸惑いました。長年フォトショ使ってきてるのに知らない機能だらけ。

まずはPhotoshopでデザインをする練習から始めて、それからコーディングの勉強をしました。
コーディングは主に「ドットインストール」と「Progate」を重点的にやりました。
本も並行して使っていたんですが、私は動画やブラウザ上で学ぶのがどうやら合っていたみたいで、上記の2つのサイトにめちゃくちゃお世話になっていました。
あとは「Udemy」で何本か動画を買ったりもしました。

なるべく自分でどうにかしようとする習慣がつく

わからないところがあったらまずはGoogleで検索します。
検索して出てきたサイトをいくつも読んだり、そのサイトで紹介されているサイトを読んだり。
紹介されている本を買って読んだり、図書館で借りたり。

これはあとで参考にしたい、何度も読み返したい、必要になったときに参考になりそう、と思ったものはブックマークしたり、Evernoteに保存したりしています。

Google先生にはいつもお世話になりっぱなしです。

勉強する習慣がつく

限られた時間で勉強するので、空いた時間に勉強しているうちに、いつのまにか自然と勉強する習慣がつきました。
電車乗ったら、iPhoneに入れておいた動画教材を自然と見始めたり、本を開くようになったり。
ほんとに時間が貴重だったので、吸収してやる! という意気込みがすごかったです。

費用が抑えられる

スクールだと十数万〜何十万とかかりますが、本や動画などの教材費ぐらいですむのでだいぶ費用が抑えられます。もちろん本とか買うのでゼロではないですが。あとはパソコンも必要です。

Webデザイン 独学のデメリット

疑問点をすぐに聞ける人がいない

先生が身近にいないので、疑問点を調べてもわからない場合行き詰まりやすいです。
数年前にもコーディングを勉強しようとしたことがあったんですが、本の通りにやっているのに本の通りにならない、しかも調べてもわからないことがあってひとりでキレそうになってたことがあります……。
そのときはなんとか本1冊はやり遂げたんですが、その後勉強が続きませんでした。
当時は、今に比べて私の検索のしかたが下手だったのもあると思います。

聞ける人を見つけておくのも大事です。
私は「masacaデザイン部」という、デザインを学ぶ人が集まるコミュニティに入りました。
▶︎masacaさんtwitter

やる気を維持するのがけっこう大変

特に勉強し始めで、まだ習慣になってないときは結構しんどかったです。
だんだん習慣になってきても、仕事で疲れてたりすると何もする気が起きないなんてことはよくあります。
勉強してることがなかなか自分の中に入ってこなくて、なんか面白いと思えないとか。

小さい目標を立てたり、興味があるところから学ぶとやる気を維持しやすいです。
たとえば転職したいとかフリーで仕事したいといった「なりたい状態」があって、そこにたどり着くまでに小さい目標をいくつも用意する感じです。
今週中にこの本1冊やるとか、この動画最後まで観るとか、Progateの中級編までを2周しようとか。
もしできなくても、じゃあ期限1週間のばそう、…ぐらいゆるくても大丈夫です。
私もきっちり目標立てるというよりかは、だいたいこれぐらいやろう、ぐらいの感じでやっていました。

いま自分がどの程度できているのかがわかりにくい

たとえばコードの書き方などで、いくつも書き方はあるけどこれでいいの? 実際の仕事ではどうなんだろう? という部分がいくつも出てきました。
コードを読んだり、簡単なものなら書けるけど、このデザインをコードを書いて再現できるかというとキツいな…どのぐらいできれば仕事で通用するレベルなんだろう? などなど…。
前に進んでるのかがわかりにくいです。

学校のように、一緒に学ぶ仲間がそばにいる…というのがない

私は割とひとりで勉強するのが平気なんですが、それでも「もし通いでスクールに行ってたら、そこでのつながりができてたんかもなぁ…」と思うことも、ちらっとありました。
そういうつながりがほしいとか、まわりに一緒に学ぶ人がいたほうがやりやすい、ってかたはスクール等に通ったほうがいいかもしれません。

もし独学でやるなら、コミュニティに入るとか勉強会に行くなどして自分から行動するようにしたら、このデメリットを補えるのかなと思います。

まとめ

私は結果的に独学で転職できましたが、スキルのことだけを考えると独学でも学校でもどちらでもよかったのかなと思いました。

スキル以外の部分、たとえば今の仕事の状況やお金の事情、どんな環境でどういうふうに勉強したいかによって、独学か通いのスクールか、オンラインスクールか、職業訓練かを選ぶといいのではないでしょうか。

そして独学していく上で大事だなと感じたのがこの3つでした。

・勉強する習慣をつける
・やる気を維持する
・目標の設定

特に習慣をつけるとやる気ばっかりに頼らなくてよくなるので(まったくやる気いらないわけではないのですが)、最初は1日10分とかでもいいので毎日ちょっとずつ本読んだりパソコンさわるようにして、徐々に習慣にしていくと良い流れが作りやすいですよ。